茶道・茶の湯
お茶のギフト・海苔のギフト・銘菓ギフト
静岡掛川茶・千葉産海苔
器・こだわりの急須
変り種
お茶の話
             
           
           

 

茶の湯 如月

暖冬の今年は少し春が早くやってきそうです。 平年ですと今が一番寒い季節、炭のほのかな暖かさ、
釜のお湯がたぎる音がご馳走と感じる時ですが・・・氷柱・吹雪などより若草・春の野などの銘がよくあいます。

 

 
 
 
風情

仲春の茶 麗月 初花月 立春 春雪 残雪

 椿 黒文字

茶趣

夜咄の茶事  暁の茶事 節分

若草 淡雪 一枝の春 草萌 春の色 梅の春風  青柳 早蕨(さわらび) 陽光

春の野 梅月 下萌(しもたえ) 鶯笛(うぐいすぶえ) 草萌 紅梅

茶花

 曙椿 侘助椿 節分草 水仙 春欄  

 土佐美豆木 万作 雪柳 雲龍柳

今月

異称

如月 きぬさらぎ 梅見月 小草生月(おぐさおいつき)


裏千家十一世玄々斎氏の創案による手前で田舎屋の囲炉裏裏にならったと言われております。
通常の炉より各辺が10cm以上大きい、約1尺8寸(54cm)です。
厳寒の2月に限っておこなわれる裏千家独特のお手前です。
二月にちなみ二のつくお道具
二重切 竹花入の切り方の一種です。原則として花を入れるのは下段で、上段は水を張る
二重棚 更好棚 遠山棚
茶掛

 『花知一様春』 はなはいちようのはるをしる

 『月知明日秋』(月は明月の秋を知り)に続く句
 月や花はたがえることがないという意。
 自然の摂理の不可思議をうたっている。
 一様を一陽と書く場合もある。