茶道・茶の湯
お茶のギフト・海苔のギフト・銘菓ギフト
静岡掛川茶・千葉産海苔
器・こだわりの急須
変り種
お茶の話
             
           
オススメ商品
人気の商品
お客様の声
訪問販売法
掲示板
リンク
           

 

茶の湯 茶道具 風炉

今回ご紹介の茶道具は風炉です。季節を半分に分け、炉と風炉があります。
茶道具は季節や趣向に合わせ取り合わせをし、お客様をもてなす事が大切です。

柄杓(ひしゃく)…釜のお湯や水指の水をくむためのもので、炉と風炉用で多少大きさが違う。

釜…お湯を沸かすための道具。様々な形があり、趣向により用いられる。

風炉…火を入れて釜をかけるための器で五月から十月まで使用し、冬は炉を使用する。

茶巾…茶碗をお湯や水で清めた後に拭く、小さな茶巾

蓋置…釜の蓋と柄杓を置くもので、竹製や陶器製がある。

建水(けんすい)…茶碗をゆすいだ水を捨てる器です。金属製、陶磁器、木地など様々な材質がある。

水指…水を入れておく器。お茶を点てた後の茶筅をすすいだりするときに使う。陶磁器や木製などの素材もあり形も色々ある。

茶碗…お茶を飲む大切な道具の一つで、古くから色々な焼物で作られてて、大きく分けて中国、朝鮮からきた唐物(からもの)高麗(こうらい)と日本の各産地で造られた和物(楽焼・萩焼・志野焼・京焼など)があり、形も筒茶碗、平茶碗など色々ある。

茶杓(ちゃしゃく)…棗から抹茶をすくって茶碗に入れる道具で、ほとんどが竹製だが、象牙や木製もあります。家元などの茶人の作った茶杓が喜ばれ、作った人の感性で、銘(名前)が付いているものも

棗(なつめ)…薄茶を入れる器で主に木製の漆塗りで、蒔絵などで飾られていて、道具の組み合わせのポイントとして、重要なアイテムの一つです。

茶筅(ちゃせん)…抹茶とお湯をまぜて、お茶を点てる道具。竹製です。