茶道・茶の湯
お茶のギフト・海苔のギフト・銘菓ギフト
静岡掛川茶・千葉産海苔
器・こだわりの急須
変り種

 

お茶の話
             
           
オススメ商品
人気の商品
お客様の声
訪問販売法
掲示板
リンク
           

 

美味しく飲むコツ

@ お茶をたっぷり2人前で5〜6g(茶さじ2杯)ぐらい入れます。
お茶を吟味するのはもちろんのこと、急須にもこだわりを金網の付いた急須ですとお茶の味は30%以上損なわれますので注意してください。
(急須は万古焼・常滑焼をオススメします)

A お湯は充分に沸騰させ湯冷ましでお湯を冷まし、温度70〜80度 お湯の量は急須の7分目ぐらいまで。急須にナミナミお湯を注ぐより、少し空間があったほうが美味しいお茶が飲めます。

B 1分30秒〜3分 このみにより時間を調整し急須の中でゆっくりと茶葉を蒸らします。

B 湯呑に少量づつ順番に注ぎ均等の濃さにし、最後の一滴まで大切に注いでください。 最後の一滴がお茶のうまみを凝縮したエッセンス。

急須の中にお湯が残っていると、その中で必要以上に成分が溶け出し、次に入れたお茶がまずくなってしまいます。そのつど最後の一滴まで絞りきってください。

C 注ぎ終わったら、注ぎ口の反対側の急須のお尻をポンポンと軽くたたき、網に付いた茶葉を下にすると、目詰りの予防にもなります。

お茶は微妙です。お湯の温度や茶葉の量などによりかなり違いが出ますので自分の好みをみつけてください。

温度が低めは(50度)は甘いお茶に 熱め(90〜100度)は渋めのお茶になります。

一人分を注ぐ時も、湯飲みに何度かに分けて注ぐのもポイントの一つです。一気にすべてを注ぐより美味しいですよ

美味しくなければ意味がない
   お茶の方程式  美味しいお茶+まずいお茶=まずいお茶
美味しいお茶に30%まずいお茶を混ぜても絶対お茶がまずくなります、 むやみやたらのお茶のブレンドはお勧めしません。

お茶への心使い・・・                               前のページに戻る