茶道・茶の湯
お茶のギフト・海苔のギフト・銘菓ギフト
静岡掛川茶・千葉産海苔
器・こだわりの急須
変り種

 

お茶の話
             
           
オススメ商品
人気の商品
お客様の声
訪問販売法
掲示板
リンク
           

 

静岡の茶畑より

東南に向いた茶園はお茶の葉には最適の場所で よく靄がかかり、気候が温暖、朝晩の温度差の激し さが美味しいお茶に育ちます。

日本一の生産量を誇る静岡は味、香りも充実しています。

当店で通常販売しているお茶は、契約農家で丹精こめて作り上げている、お茶を生産し販売ています。


静岡県掛川市寺島町の茶畑より
5月の最盛期は機械により新茶が摘まれます

♪『夏も近づく八十八夜』と歌に歌われているようにお茶の旬新茶は5月です。立春から数えて88日目を八十八夜と呼び、無病息災古来より縁起のよい新茶として珍重されています。

一摘一摘手で丁寧に摘み取られた茶葉で作る新茶は絶品の 美味しさ 最高級の新茶に生まれ変わります。

新茶の頃店主自ら、茶園まで足繁く 通い茶葉と会話しながら摘み取る時期を決め5月の最盛期には、朝早くから茶葉をかご一杯に摘み、美味しい新茶に作り上げてきます。

また各産地のお茶は、店主自らが吟味に吟味を重ね、美味しいと評価できるお茶のみを扱い、静岡産のお茶以外は、各産地を記入し、産地を偽ることなく販売しています。

2005年 静岡掛川の茶園の様子

静岡掛川の茶畑より   4月1日

まだまだ茶畑では、新芽は小さくツンツンと顔をのぞかせているぐらいで、これからの伸び具合に期待です。

今年は、4月2日にサクラが開花した横浜平年より5日遅い開花となりましたので、お茶も平年より数日遅れるのでは…

これからの暖かなひざしで伸びると思いますが…

静岡掛川の茶畑より   4月11日

新芽はまだまだ、小さくかわいらしい状態で、雨に震えている感じです。

ここ数日の暖かさで若草色の芽も伸び始めました。

ギュッと栄養を蓄え、お天気になるのを待っているようです。

静岡掛川の茶畑より   4月18日

先週の気温の変化がとても激しく、暖かい日は22度、そして寒い日は10度以下と季節の変わり目を象徴するような温暖の変化です。

茶園では、柔らかな新芽がグングンと伸び始めているのがわかります。

一面の若草色の絨毯のようになるのももう少し。掛川の市場開きは23日と決まりました。

静岡掛川の茶畑より   4月26日

柔らかな若草色、新緑がとても綺麗な茶園となりました。

平年より数日遅れで23日に掛川では新茶の市場開きがありました。

春のひざしから、徐々に初夏のひざしと変化して、ここ数日お天気が続いており、茶園ではそろそろ茶摘が始まります。

静岡掛川の茶畑より   4月28日

丁寧に、丁寧に、若葉を摘み、柔らかな若葉でできた新茶は、さわやかな香りやさしい味わいの新茶で、やはりどこか一味違います。

茶園では、茶摘をする人々がたくさんみうけられます。

29日は横浜では夏日、28度まで気温が上昇、そして静岡では早くも真夏日33度を記録しました。

前のページに戻る

京都の茶畑…